ホーム > 製品情報 > おおのwood乾太郎

おおのwood乾太郎とは

おおのwood乾太郎  おおのwood乾太郎は、『大分方式乾燥法』によって認定された大野郡森林組合の高品質木材です。
高温乾燥の時間を短縮し自然乾燥の時間を数ヶ月間掛け丁寧に仕上げました。


※大分方式乾燥法とは

 大分方式乾燥法は、高温セット乾燥の材面割れ制御技術を応用したもので、短時間の熱処理で天然乾燥時に発生する表面割れを制御して、時間をかけて天然乾燥等を行う乾燥法です。
 短時間のドライングセット処理による効果が、その後の天然乾燥期間の材面割れの発生を少なくして自然の材色にに近い、高品質の生産を可能にします。
 大分県では大分方式乾燥材品質管理基準を満たす工場だけに認証書を交付し、同方式乾燥材の管理と普及に努めており、当組合は第006号の認証を受けています。

おおのwood乾太郎製造工程

1. 【第一次加工ライン】
毎月約500m3の製品を生産します。
2. 【蒸気式高温乾燥機】
1~3日の短時間で乾燥処理を行います。
3. 【テントハウスでの天然乾燥】
3~6カ月間、じっくり時間をかけ天然乾燥するので、材面割れの発生が少なく、自然色に近い仕上がりになります。
4. 【モルダー仕上げ機】
含水率管理された乾燥材を4面カンナ、面取り加工で仕上げます。
5. 【完成品】
大分方式乾燥材認証第006号おおのwood乾太郎です。

▲ページトップに戻る