ホーム > トピックス > 組合員の名義変更

組合員の名義変更について

 組合員の名義変更はお済ですか? 例えば、お父さんから息子さんへ名義を変えたいとか、名義人のお父さんが亡くなった場合等、名義変更の手続きが必要です。
 森林組合では、そう言った情報が分かりませんのでご連絡ください。組合から必要書類をお送り致します。
※こちらからPDFファイルをダウンロードできます。

届け出 処遇 詳細 手続き 申請者
組合員が死亡した場合
(組合員が死亡した場合は、その時点で脱退(法定脱退)となります。従って右記のいずれかの手続きが必要になります)
相続によりそのまま組合員として引き継ぎを希望する人 相続開始から90日以内の場合
(組合員が死亡した日から90日以内)
「相続加入申出書」に必要事項を記載の上、出資証券と併せて森林組合まで提出してください。相続人の方が組合員の資格及び出資金をそのまま引き継ぐことが出来ます 相続人が申請
相続開始から90日以上経過した場合
(組合員が死亡した日から90日以上)
「組合員死亡届及び持分払戻請求書」に必要事項を記載の上、出資証券と併せて森林組合まで提出してください。相続人の方が組合員の資格及び出資金をそのまま引き継ぐことが出来ます 相続人が申請
そのまま脱退を希望する人 「組合員死亡届及び持分払戻請求書」に必要事項を記載の上、出資証券と併せて森林組合まで提出してください。脱退した年の総代会の後に出資金を払戻し致します 相続人が申請
組合員が他の人に持分の譲渡をする場合 「持分譲渡承認申請書」に必要事項を記載の上、出資証券と併せて森林組合まで提出してください。 譲渡人が申請
脱退を希望する場合 年度末(6月30日)の、60日前までに「脱退届」に必要事項を記載の上、出資証券と併せて森林組合まで提出してください。その年の年度末をもって脱退となります。なお、出資金の払戻しは、その年の総代会終了後に行います 組合員が申請

▲ページトップに戻る